TOPページ > キャッシングの基礎知識「契約書に記載されたことは証拠」

キャッシングの基礎知識「契約書に記載されたことは証拠」


キャッシング比較ランキングが提供するキャッシングの基礎知識。今回は「契約書に記載されたことは証拠」です。皆さまの参考になれば幸いです。

キャッシングの基礎知識「契約書に記載されたことは証拠
お金の貸し借りの契約自体は、契約書はなくても成立します。

貸主と借主の合意があって、現実に金銭の受渡しがあればよいのです。

契約書は、誰が誰に対して、どのような義務を負うかを明らかにして、後日の証明となる書面に過ぎないのです。

契約書は普通は細かい文字で書かれており、あまり読みたいとは思わないものです。

しかし、読まないでいると、とんでもないミスをおかすことにもなりかねません。

契約をする際には、当事者がとりあえず口頭で契約内容を確認するのが普通です。

しかし、契約書がその通りの内容で記載されているとは限りません。

裁判になって、こんな約束した覚えはないと主張しても、契約書に記載されたことは、本人の署名や記名押印がある限り、原則として事実と認定されてしまいます。

署名や押印の前に必ず内容を確認して、不明な点は必ず貸主に確認してください。

<続く>

借金地獄に陥らないためには、なるべく借金をしないことが良いのは当然として、どうしてもキャッシングなどを利用しないといけない場合でも、なるべく低い金利で、なるべく信頼のおける金融機関を利用するのが鉄則です。

参考になさってください。

>> キャッシング金利比較ランキング+口コミ(2019年10月)

コンテンツ・インデックス

最新版!キャッシング金利比較ランキング(2019年10月) New!
キャッシングの基礎知識

コンテンツ・インデックス

最新版!キャッシング金利比較ランキング(2019年10月) New!
キャッシングの基礎知識
各キャッシングの口コミ(外部リンク)
クチコミ募集中

キャッシングに関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

評価/口コミを投稿する

メールの場合はこちらから mail@card-loan-hikaku.sakura.ne.jp

運営者情報

運営者:中央アセットプランニング

連絡先:mail@card-loan-hikaku.sakura.ne.jp

PAGE TOP