TOPページ > キャッシングの基礎知識「住宅資金の借り方」

キャッシングの基礎知識「住宅資金の借り方」


キャッシング比較ランキングが提供するキャッシングの基礎知識。今回は「住宅資金の借り方」です。皆さまの参考になれば幸いです。

キャッシングの基礎知識「住宅資金の借り方
公的融資は一般に融資実行まで長時間を必要としますが、民間融資の場合、比較的短期間に融資が受けられます。

物件が、公的融資の対象となる場合は、返済期聞が長い住宅ローンについては、わずかな金利の差が、総返済額では大きく変わってきますので、金利の低い公的融資から先に検討していくほうがよいでしょう。

一般に住宅の購入には、通常、頭金が購入価格の2割以上が必要です。これは金融機関が貸し出す住宅ローンは、売買価格の8割までとしているからです。

複数の金融機関から借り入れする場合でも、そのすべての合計額が、価格の8割までとなります。住宅金融公庫や、年金住宅融資の場合、借り入れできる支払限度額は、年収の20%まで(毎月返済額の5倍以上の月収が必要となります)ですので、足りない場合は他の融資も利用することになります。

最近の不況で、住宅ローン破産が増加しています。無理のないローンを組むことと、払えなくなったら家を売却するぐらいの覚悟で購入することが大切です。

<続く>

借金地獄に陥らないためには、なるべく借金をしないことが良いのは当然として、どうしてもキャッシングなどを利用しないといけない場合でも、なるべく低い金利で、なるべく信頼のおける金融機関を利用するのが鉄則です。

参考になさってください。

>> キャッシング金利比較ランキング+口コミ(2019年10月)

コンテンツ・インデックス

最新版!キャッシング金利比較ランキング(2019年10月) New!
キャッシングの基礎知識

コンテンツ・インデックス

最新版!キャッシング金利比較ランキング(2019年10月) New!
キャッシングの基礎知識
各キャッシングの口コミ(外部リンク)
クチコミ募集中

キャッシングに関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

評価/口コミを投稿する

メールの場合はこちらから mail@card-loan-hikaku.sakura.ne.jp

運営者情報

運営者:中央アセットプランニング

連絡先:mail@card-loan-hikaku.sakura.ne.jp

PAGE TOP